新たなスタート

スムーズに移籍が完了しデリヘルのお仕事で関わった方達にお別れをして新しいスタートを切りました。

宇都宮の中でもM性感といジャンルでは一番大手のお店へノゾミと二人で採用が決まり働くことになりました。
ビデオでの講習や簡単な説明を受けた後、いきなり初めて一人で接客するのではなく、先輩について実際に先輩のプレイを見て学びその後から本格的に一人で接客することになります。

いきなり一人で放り出すのではなくしっかりとしたプロセスがあるため少し安心しました。
最初はぎょどきょどとわたわたしていましたが、なんとかコツをつかんで一人でもいけそうな感覚をつかんできました。実際まだ講習段階ですがお店の対応も丁寧だし、身体の負担がやはりこちらの方が少なく以前より大分働きやすくなったと思います。

客層が完全受け身の方がほとんどなのと、素股等のプレイもなく入れられてしまうんじゃないかといった不安もありませんし、主導権はこちらにあるのでやりやすいです。

素股からなし崩しに取り押さえられて入れられるパターンが多すぎて、ひどい時は中に出されてしまうので本当にハラハラしてしまって嫌でした。
それがないというのはすごく嬉しいです。
キスやフェラ、ボディタッチすらないので、病気になる心配は一切ありません。
手だけで大丈夫です。先輩やお店の人に大事なこととして言われているのが、お客さんの希望内容についてしっかり耳を傾けて話を聞いてあげることです。

今まで彼女や奥さんに言えずに抱えてきた性癖を話してくださるお客さんもいるので、デリケートな部分だからこそしっかりと誠意を持って向き合い話してくれたお客さんに感謝しながら、希望にあったプレイに最善を尽くしていけるように努めます。
そういったお客さんの心に寄り添ったお店のシステムに私もノゾミもとても感銘を受け、俄然やる気が出てきました。

働く女の子のことも、お客さんのこともしっかりと考えてくれている店の体制に安心するとともに、とても感動しました。
スタッフの方達は見た目がいかにもな人達ではなく、普通の仕事をしているような方達で、それも安心しました。
目標金額が貯まるまでしっかりとサポートしてくれそうで心強いです。

見た目がSっぽくなくても一番大事なのはお客さんに対する気配りがなので自信がないと下を向かずに、気配りでは誰にも負けないように頑張っていこうと思います。
何がお客さんにヒットするか何を重要視しているかなどはお客さんにとって本当にそれぞれ違うので、コミュニケーションや気配り、人柄を重要視している方には選び続けてもらえるように頑張りたいと思います。

特にM性感というジャンルでは自分がどんなプレイをしたいのか心を開いて話してくれるようなトーク力が重要になってくると思います。
自分の性癖を赤の他人の初めて会った人に話すなんてなかなか勇気のいることだと思います。

お客さんが心を開いて話してくれるようにお客さんの緊張をいかにほぐせるかが大切なんじゃないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です